1. 有機電子デバイス研究室では有機電子材料が持つ柔軟で多様な機能と特徴を活用した基礎・基盤技術や原理の創造,そして実用化を目標に研究を行っています.取り組む研究テーマは,オリジナルな原理・技術か,世界で誰もチャレンジしていない研究か,心から面白いと感じ人の役に立つ技術か,工学的にデザインが可能な技術かどうかを条件に絞り込んでいます.そして,幅広い科学技術を基礎力として,材料・デバイス・システムという異なるレイヤーをつなぐ先端技術の創出を目指しています.

  2. 研究開発対象の有機電子デバイスは新しい機能材料と独自の計測技術を組み合わせたもので,匂いに代表される化学物質情報をディジタル化できる高性能センサデバイス空間化学情報の可視化技術イメージングデバイス有機材料とカップリングしたナノ構造デバイスです.センサ情報を活用する匂いマッチング-パターン解析,データベースサービスの開発にも取り組んでいます.

  1. 大学院システム情報科学研究院 情報エレクトロニクス部門 電子デバイス工学講座 林研究室

  2. 大学院システム生命科学府 生命情報科学講座 林研究室

  3. 工学部電気情報工学科 電子通信工学課程 林研究室

  4. 味覚・嗅覚センサ研究開発センター 嗅覚センサ部門


News

  1. 箇条書き項目2017.9    電気関係学会九州支部大会(沖縄)にてM2の森元君が匂い情報の関係性グラフ表現、M2の上野君が蛍光色素含有ポリマを用いた匂いイメージングフィルム開発、M1の楊君が匂いセンサロボットの開発について発表をします。

  2. 箇条書き項目2017.6     Transducers’17(Kaohsiung)にてM2の中西君がスマート材料によるガスセンサ応答特性のダイナミック制御について発表を行いました。

  3. 箇条書き項目2017.6     電気学会センサマイクロマシン部門総合研究会にて、M1の下見君が分子フィルタ層を持つプラズもニックセンサ(LSPR/SERSセンサ)について、千綿君が分子鋳型吸着剤を用いた逐次吸脱着によるガス濃縮について発表を行いました。

  4. 箇条書き項目2017.6     システム情報科学府のソフトボール大会にて研究室学生チームが二部リーグ準優勝を飾りました。

  5. 箇条書き項目2017.5    D2の商君がSPP6 (Taipei)にて分子鋳型ゾルゲルプラズモニックガスセンサによる植物VOCセンシングについて発表を行いました。

  6. 箇条書き項目2017.5    日本栄養・食糧学会にて林教授が匂いの高感度検知と評価技術についてシンポジウム招待講演を行いました。

  7. 箇条書き項目2017.4     研究室に新しいメンバー(卒論生2名、研究生1名)が加わりました。

  8. 箇条書き項目2017.3     卒業式、学位授与式が行われ研究室から2名の学士、3名の修士、1名の博士に学位が授与されました

  9. 箇条書き項目2017.3     電気学会全国大会にてM1の李君と姜君が超高感度SERSガスセンサ、導電性分子鋳型インクを用いたプリンテッドガスセンサについて発表を行いました。

  10. 箇条書き項目2017.2     修論発表会が行われ荒木君が複合材料によるSERSガスセンサ、王君がガスの可視化用MIP蛍光ナノビーズ、篠原君が導電性MIPインクによるプリンテッドガスセンサの作製について発表しました。

  11. 箇条書き項目2017.2     卒論発表会が行われ下見君が分子選択層を持つプラズモニックセンサのガス透過特性について、千綿君が逐次吸脱着システムを用いた分子選択吸着剤の特性向上について発表しました。

  12. 箇条書き項目2017.1     TechDesignの技術講習会で林教授が「においセンシングの最新動向と体臭の生理・計測・応用技術展開」について講演しました。

  13. 箇条書き項目2017.1     電子情報通信学会 MBE研究会でM2の王君が匂い可視化MIP蛍光ナノビーズの開発について研究発表しました。

  14. 箇条書き項目2017.1     博士課程の渡邊君が学位論文「ナノ構造を有する化学センサの構造制御手法に関する研究」について公聴会を行いました。

  15. 箇条書き項目2016.12   スウェーデン シンシェーピン大学から来日している留学生Sara Nilsonさんがラボワーク(研究室での研究体験)を始めました。1年間の予定です。

  16. 箇条書き項目2016.12   光先生(福州大学 准教授)が訪問研究員として来学されました。1年間の予定で分子認識材料とセンサ技術に関する研究を行います。

  17. 箇条書き項目2016.12   M1の中西君が応用物理学会支部学術講演会の発表で発表奨励賞を受賞しました。

  18. 箇条書き項目2016.12   応用物理学会 九州支部学術講演会 1st Asian Applied Physics Conferenceにおいて、D1の商君が分子鋳型ゾルゲルによる脂肪酸のLSPR検出、篠原君がMIPケミレジスターについて発表しました。また、一般講演にてM1の中井君が金ナノ粒子-色素複合体による高感度LSPRセンサ、中西君が光極性制御材料によるガス分子選択性制御、姜君がプリンテッドガスセンサ用MIP導電性インクについて発表しました。また、中国 西南大学の陳斌先生に量子ドットによる化学センサについて招待講演を行って頂きました。

  19. 箇条書き項目2016.11   電気学会E部門 ケミカルセンサ研究会にてD2の吉岡君が蛍光プローブポリマーフィルムによる匂いの可視化について発表しました。

  20. 箇条書き項目2016.10   IEEE Sensors (Florida)にてD3の渡邊君がケミカルセンサ用金属ナノ粒子の異方性光成長制御、M2の荒木君が金ナノ粒子のレイヤー構造によるSERS基板作成、篠原君がMIPケミレジスターについて発表しました。

  21. 箇条書き項目2016.10   センサシンポジウム2016でD3の渡邉君が金属ナノ粒子光異方性成長制御によるSERSセンサ、D2の吉岡君が蛍光マイクロビーズを用いた匂い可視化、M2の篠原君がMIPケミレジスター、王君が植物バイオガス(BVOC)検知蛍光MIPビーズ開発について発表しました。

  22. 箇条書き項目2016.9    電気関係学会九州支部大会が開催され、M2の王君が植物BVOC用蛍光MIPビーズセンサについて、M1の李君が光成長金属ナノ材料によるSERS基板について、森元君が匂い分子パラメータの直感的表現について、上野君が蛍光ナノMIPビーズによる匂いの可視化にすいて発表しました。

  23. 箇条書き項目2016.9    D2の吉岡君が次世代センサ協議会・学生発表会において匂いイメージセンシングについて発表しました。

  24. 箇条書き項目2016.7    APCOT2016・総合研究会にてM2の荒木君が高感度SERS匂いセンサについて、M1の中井君がAuNPs-色素複合体による高感度ガスセンシング、中西君が光極性変化材料によるガスセンシングについて発表しました。

  25. 箇条書き項目2016.5    ISOT2016においてD1の商君が匂いクラスタマップの統計解析と分子パラメータとの関係について発表しました。

  26. 箇条書き項目2016.4    新しいメンバーが加わりました。卒論研究の学部4年生が2名、研究生が1名、システム生命科学府の新M1が1名加わりました。

  27. 箇条書き項目2016.3    劉准教授が転出し、企業の研究所にてセンサ開発研究を行う事になりました。

  28. 箇条書き項目2016.3    卒業式が行われ、今年は2名の修士修了生が社会人へと羽ばたきました。

  29. 箇条書き項目2016.2    卒業論文の試問が行われ、中井君が金属ナノ粒子-色素複合体によるガス応答性向上、前田君がハイパースペクトルカメラによる匂い源推定、中西君がスマート材料によるセンサの分子認識能制御、上野君が蛍光性分子鋳型マイクロビーズによる匂いの可視化について発表を行いました。

  30. 箇条書き項目2016.2    佐々文洋さんが助教として着任し、新たな研究室メンバーに加わりました。

  31. 箇条書き項目2016.2    修士課程の篠原君が分子鋳型ポリマーを用いたケミレジスタの開発に関するの研究発表で電気学会優秀論文発表賞を受賞しました.

  32. 箇条書き項目2016.1    MBE研究会でM2の山下君が強誘電材料を用いた分子鋳型ハイパーセンシング材料について、M1の篠原君が分子鋳型ポリマーを用いたケミレジスタに関する研究発表を行いました。

  33. 箇条書き項目2015.12   Bio4Apps 2015(Shiiki Hall, Kyushu Univ.)にて博士課程の吉岡君と修士課程の王君がマルチスペクトル蛍光画像による匂い源の形状・濃度推定、植物の匂い検知用MIPナノビーズ開発について発表を行います。

  34. 箇条書き項目2015.12   応用物理学会九州支部学術講演会(琉球大学)にて修士課程の山下君、古閑君、荒木君が電圧制御が可能なスマート分子認識材料、LSPR匂い可視化フィルムによる匂いプルームの観測、SERSによる超高感度ガスセンシングについて発表を行いました。

  35. 箇条書き項目2015.12   Wuhan Polytechnic University(武漢軽工大学)より張剣先生が訪問准教授として来日されました。半年の予定で食品の匂い分析・センシングの研究を行います。

  36. 箇条書き項目2015.12   Mahidol大学(タイ)から博士課程の交換留学生が来日しました。2ヶ月の予定で生体関連物質の選択的検出について研究を行います。

  37. 箇条書き項目2015.11   日本学術振興会 第181委員会「分子系の複合電子機能」研究会(東大 本郷キャンパス)にて匂い可視化センシング技術と材料について林教授が講演を行いました。

  38. 箇条書き項目2015.11   ACCS2015(Penang, Malaysia)にて修士2年生の山下君と古閑君が圧電性材料のガス吸着特性の電圧制御とMIP化、LSPR匂い可視化フィルムの高感度化とナノ粒子構造について発表を行いました。

  39. 箇条書き項目2015.10   IEEE Sensors 2015(Busan, Korea)にて修士課程の古閑くん、博士課程の吉岡君、渡邊君が、金ナノ粒子のLSPRによる高速な匂い可視化技術、複合蛍光色素のマルチスペクトル画像による匂い源と形状推定、光による金ナノ粒子の異方成長制御について発表を行いました。

  40. 箇条書き項目2015.10   センサシンポジウム(新潟)にて修士課程の荒木君、緒方君、王君がSERSによるガス検知センサの金ナノ粒子の構造制御、匂い可視化画像の画像処理技術、植物の匂い検知MIPナノビーズについて発表を行いました。

  41. 箇条書き項目2015.10   センサシンポジウム前日の「MEMS開発基礎講座」にて林教授が「匂いと味のバイオミメティックセンシング技術」について解説講演を行いました。

  42. 箇条書き項目2015.10   新しい研究室メンバーが加わりました。10月入学の博士後期課程の留学生1名、研究生(留学生)2名です。

  43. 箇条書き項目2015.9    電気関係学会九州支部連合大会(福岡大学)にて、M2の山下君がフレキシブルで電気的に制御可能な分子認識材料、M1の篠原君がMIPケミレジスター、王君が植物の匂いセンシング用MIP材料開発、菊田君が濃度変調ガスセンシング、緒方君が匂い画像の画像処理について発表しました。

  44. 箇条書き項目2015.9    阿蘇にゼミ旅行に行きました。バンガローに宿泊、バーベキュー、夜を徹して飲み会、渓流を沢登り、温泉と盛りだくさんでした。

  45. 箇条書き項目2015.8    中学生の科学実験教室で色、距離、匂いセンサを使った迷路を脱出するセンサロボットの作製と競技を行いました。

  46. 箇条書き項目2015.7    電気学会センサマイクロマシン部門総合研究会(実行委員長:林)を九州大学の百年講堂で開催しました。M1の荒木君が高感度表面増強ラマン散乱ガスセンシング、緒方君が匂い可視化画像処理による濃度と形状推定、菊田君が匂い濃度変調型センシング技術、篠原君が分子鋳型吸着剤による匂いセンシングについて発表を行いました。

  47. 箇条書き項目2015.6    ISOEN2015(Dijon, France)にて、M2の山下君が匂い可視化用MIPナノビーズについてoral発表、D1の吉岡君がマルチプローブ匂いイメージング技術による匂い源推定についてポスター発表を行いました。

  48. 箇条書き項目2015.6    IFFM2015(Jeju, Korea)にて林教授が匂い可視化について招待講演を行いました。また、D2の渡邊君が金ナノクラスターの成長制御とLSPR特性について、D1の吉岡君がマルチスペクトル匂い可視化画像の解析技術について講演(oral)を行いました。

  49. 箇条書き項目2015.4    新しい卒論生が4名配属されました。

過去の履歴